カキザワホームズでは外断熱工法をお勧めいたします

メールでのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-63-1009

住宅性能

断熱性能

外断熱+内断熱で冬暖かく夏涼しいカキザワの家

夏は涼しく冬は暖かく。家の中の温度を快適に保ってくれる断熱にはいろいろな工法がありますが、私たちが自信を持っておすすめするのは、「外断熱+内断熱」のダブル断熱工法です。これは、基礎から壁、屋根の上まで断熱材ですっぽりと覆い、家全体を断熱する外断熱と壁の中に断熱材を充填する内断熱を組み合わせた工法。 気密性が高く外気の影響を受けないため、家の中はリビングもトイレもロフトも、どの部屋もほぼ一定の温度に保つことができます。家の中が一年を通して快適な温度で保たれ、見えない壁の中までもクリーンで、家計にも人にもやさしいカキザワのダブル断熱工法。自信をもっておすすめいたします。

  • 内断熱

    家の構造体は外気の影響を受ける。
    夏暑く、冬冷える
    構造材部分がヒートブリッジになる

  • 外断熱

    家全体を断熱材ですっぽり包み込む。
    冬暖かく、夏涼しい
    構造材も含め家全体が断熱される

  • <カキザワの家>内断熱+外断熱

    外断熱に内断熱を組み合わせたカキザワの家。エアコン1台で夏も冬も快適な家
    きわめて高い断熱性能を実現!

外断熱に
こだわり続ける理由

ヒートショックやシックハウスのない
健康的な暮らし
  • リビングとトイレ、浴室など、建物内部の各部屋の温度差が少ないため、ヒートショックを防ぐことができます。
  • 結露が発生しないので、カビ・ダニが原因のアレルギーやシックハウス症候群の危険を軽減します。
  • 気密性能が高いため、確実な計画換気を可能にします。
環境にも優しい、
省エネで快適な住まい
  • 家全体を断熱材ですっぽりと包み込んだ魔法びんのような構造のため、保温性能が非常に高く常に快適な室温をキープできます。
  • 暖房効率・冷房効率が非常に高いため、光熱費が節約できます。
ずっと長く、安心して
住み続けるために
  • 壁の中に結露が発生しないため、構造躯体の健康を維持でき、家が長持ちします。
  • 構造躯体や床下が常に乾燥しているため、シロアリの被害を防ぎます。
どの部屋にいても気持ちいい、
一年中快適な家
  • 「外断熱工法」に、「デザイン」と「自然素材」を組み合わせることで、家の中のどこにいても心地良い住まいを提供しています。
  • 建築技術は日進月歩で進化しています。長年にわたって改良を重ねてきた外断熱工法の技術で、家族の健康を守る「外断熱の健康住宅」を実現しています。

カキザワの家は、C値平均0.314。業界トップクラスの高気密を実現

C値とは、住宅の床面積に対する「隙間面積」の割合で、C値が小さいほど高い気密性を表します。

C値(c㎡/㎡)=家全体の隙間面積(c㎡)÷建物の延床面積(㎡)

  • 次世代省エネ基準が
    求めるC値(神奈川エリア)
    C値=5.0c㎡/㎡

    延床面積100㎡の家全体で
    ハガキ31/3の隙間

  • 次世代省エネ基準が
    求めるC値(北海道エリア)
    C値=2.0c㎡/㎡

    延床面積100㎡の家全体で
    ハガキ11/3のすきま

  • <カキザワの家>C値=0.314c㎡/㎡

    延床面積100㎡の家全体で
    ハガキ1/5の隙間

上記のC値平均は、2018年8月から2019年8月までに完成した住宅で実施した「住宅の気密性能試験結果」の平均値です。気密性能試験は、(一財)建築環境・省エネルギー機構が認定した気密測定技能者が試験を実施し、試験方法は「JISA2201送風機による住宅等の気密性能試験法」によるものです。

耐震性能

地震が来たとき
家を一番安全な場所に
したいと思いました。

1頑丈な基礎でしっかりと
建物を支えています。

外からは見えないけれど、家づくりの中でとても大切な部分が基礎です。カキザワの家は、鉄筋コンクリートを基礎部分全体に敷き詰めた「ベタ基礎」を採用しています。さらに、地震の揺れなどで最も負荷のかかる基礎の角にあたる部分はコーナー部に厚みをもたせて三角のコーナーハンチをつくり、家の耐震性をさらに高めています。(Kスタイル標準)

2高い耐震性、耐久性を
発揮するハイブリッド工法

カキザワホームズの家は、地震に強い耐力面材を使って強度を増す「構造面材工法」と構造体の耐震性を高める「筋交い」を組み合わせた当社オリジナルの耐震工法「ハイブリッド工法」を採用しています。耐震性を高めるために耐力壁を多くとると間取りの自由度が制限されますが、この工法なら耐震性を確保しつつ開放的な吹き抜けや間仕切りのない大空間のリビングなどもつくることができます。(Kスタイル標準)

3制震ダンパーで自宅が
一番のシェルターに。

地震エネルギーを吸収する制震ダンパーは、地震の揺れによるエネルギーをダンパーの制御装置で熱に変換して放出することで、揺れにブレーキをかけて建物を守り、被害を大きく軽減できる最先端技術です。    (Kスタイル標準)

42.69倍の耐震強度!
地震に強いTIP構法。

TIP構法は、「住む人に安心を実感してもらう」というコンセプトのもと、東京工芸大学工学部で10年の歳月を費やして開発された木造住宅用の耐震構法です。その方法は、家の外壁の下地板として国産ヒノキを斜め45度に張り(一般的には水平に張ります)、さらにコーナー部分をガセットプレート(直角二等辺三角形の合板でできたもの)で補強したものを柱に接合するというもの。その耐震強度は、なんと住宅金融支援機構仕様の住宅の2.69倍。大地震がきても家そのものが変形しにくいので、揺れが少なく倒壊しない粘り強さを発揮します。(標準外)

5巨大地震にも対応できる
エアー断震システム。

強い地震が来るとセンサーが感知して、空気の力で家が浮いて度重なる揺れから家を守る「エアー断震システム」。この構法は、人工地盤と基礎の間に空気を送り込み、地震発生時に建物を1㎝~3㎝ほど浮かせて建物への影響を抑えるシステムで、防災科学研究所の実験では震度7の地震を1/30に軽減することが実証されています。カキザワホームズでは、常に最新の「地震に強い家」の構法を検証し、採用していく方針ですので、ご興味のある方はぜひご相談ください。(標準外)

自然素材

人にも環境にもやさしい
「無垢の床」と「漆喰の壁」。

カキザワホームズでは基本仕様として無垢材を使用しています。夏はサラリ、冬はやさしい肌触りの床。家の中に漂う心地よい木の香り。本物の木は、湿度の高い夏には湿気を吸い、乾燥している冬には湿気を放出していて、まさに呼吸しているイメージです。さらに壁材には、ライムストーン(石灰石)を主原料にした漆喰を使っています。ライムストーン(石灰石)は、貝殻やサンゴなどの化石が堆積してできたもので、素材の中は超多孔質構造になっていて保湿性に優れ、高い調湿効果がある素材です。 家の中にいながらにして自然の恵みを受けている自然素材の家。その心地よさをぜひ体感していただきたいと思います。

  • 「アカシア」の無垢材を使ったリビング

    アカシアの心材は濃い茶色で、辺材は白色と、色の差がはっきりしています。絡み合うような独特な木目が特徴で、それがアクセントとなって材としての魅力を高めています。アンティーク調のインテリアにもよく合います。原当麻展示場で体感していただくことができます。(原当麻モデルハウスのロフトスペースにて実物を確認できます)

  • 「パイン」の無垢材を使ったリビング

    ソフトな色合いに大きな節が点在するおおらかな表情と柔らかな木目がパインの特徴で、時間が経つにつれてゆっくりと深い飴色に変化していきます。柔らかく温もりのある足触りが人気です。下溝展示場で体感していただくことができます。(下溝展示場にて、実物を確認できます)

  • 「カバザクラ」の無垢材を使ったリビング

    クセがなくどんなテイストにも合うのがカバザクラの良いところ。バラつきの少ない色合いの材面に、縮れ杢模様の輝きが散在するのが特徴です。淵野辺展示場で体感していただくことができます。(淵野辺展示場にて、実物を確認できます)

  • 「オーク」の挽板材を使ったリビング

    人気の高いオーク材を巾広にすることにより、空間をより綺麗にまとめ、ワングレード高い印象にすることができます(原当麻展示場にて実物を確認できます。)

床材については、上記以外にウォールナット、オーク、メープル、タモ、バーチなど様々な種類の無垢材を取り扱っています。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

デザイン

デザインにこだわる工務店

一般的に、ハウスメーカーや設計事務所と比べてデザイン力が弱いというイメージを持たれがちな工務店。技術力も性能もサービスも負けてはいないけれど、それだけでは多様化するお客様のニーズに応えられない━それが、カキザワホームズがデザインにこだわる理由です。

ただ住むだけの家から、ゆったりと寛ぐための家、家族と遊ぶための家、車や楽器・料理など趣味を楽しむための家など、個々の住まいに対する志向が多様化している今、求められているのは、自分らしい暮らし方を一からデザインした家。

私たちの考える“良いデザインの家”とは、見た目の美しさだけではなく、住み心地の良さも追求した家です。カキザワホームズでは、住宅そのものの意匠性、土地の持つ特性を周囲の環境まで含めて最大限に活かす敷地計画、家族がどのように家の中を移動して生活するのかを考慮した動線計画など、暮らしやすさや居心地の良さも含めた住宅デザインに取り組んでいます。

  • スクエアー型の都会的外観

  • こだわりの真壁の家

  • 二世帯の要望を調和した外観

  • 間仕切りを極力無くした空間づくり

建築家とのコラボレーション

カキザワホームズには経験豊富な設計者が複数在籍していますが、社外の建築家の方々とも積極的にコラボレーションすることで、常に新鮮なアイデアやデザイン手法を社内に取り入れています。

  • 一級建築士山本 稚保子一級建築士事務所プレイス

  • 一級建築士村上 言明GEN設計工房
    一級建築士事務所

  • 一級建築士 森田 淳平一級建築士事務所
    森田デザイン事務所

  • 一級建築士大谷 直弘一級建築士事務所 アナック

  • 一級建築士濱野幸三(株)ハマノ建築設計

当社淵野辺展示場は建築家とのコラボレーションの一例。スライド式のミラーを採用したホテルライクな洗面ルームや隠し部屋のような和室など、新鮮でワクワクするアイデアいっぱいのモデルハウスです。

淵野辺展示場について詳しくはこちらをご覧ください

このページのトップへ